2017年12月29日

ワンダンス*エナジーの使い方を会得出来るワンダンス

2eIMGP0178.JPG

人間のストレスの殆どが人間関係なのだといいます。
なので、相手との関わり合い方によっては、かなりのストレス軽減になるのです。


ワンダンスは、二人一組でお互いの手の平を重ね合わせて行いますが、
それによって、相手対しての心や気持ちの活かし方を実感を伴ないながら会得出来るのです。


その実感が大切で、実感が無いと府に落ちないからなのですが、
ワンダンスは相手と同等の立場で触れ合い心と体を使いながら動くので、
実感が伴ない深く府に落ちる事が出来るのです。


人間関係がスムーズになれば、心も体も楽になり、生かされていくのです。






posted by 髙橋誠 at 14:58| Comment(0) | ワンダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンダンス*とらわれに対処出来るワンダンス

2eIMGP0178.JPG


一人でやると、とらわれが増しやすいが、
二人でやると、自分のとらわれが何なのかがわかりやすい。


二人一組で手のひらを重ねて行うワンダンスは、

自分のこだわりや執着、思い込み・・・などの

とらわれが何なのかが実感としてわかりやすくなり、


更に、そのとらわれにどう対処すればよいのかを実践出来るのです。

相手との交流の仕方が自他を生かす事になるのです。





posted by 髙橋誠 at 14:27| Comment(0) | ワンダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

ワンダンス*セラピーでもあるワンダンス

2eIMGP0178.JPG


ワンダンスは、治癒力が引き出されるので、
その人自身の力で自己調整がおこなわれるのです。

例えば、
ある方の話ですが、骨折の影響もあり左の股関節の痛みがあったのですが、ワンダンスの終わった後に痛みも無くスムーズに動くようになったり、

片方の肩が下がっていたのが、肩の位置が真っ直ぐ近くなったり、

帯状疱疹の赤い斑点が薄くなって、ぱっと見は分からないくらいになったのです。

この三つの好転は、同じ人で一回20~30分の簡単な動きのワンダンスを行っただけで、同時に調整されたものなのです。



この方がおっしゃるには、

「今まで自分の息がいかが浅かったのがわかり、息が深くなったのがわかった」

「寝ても体が床にぴたっとつくようになった。これは普段夜寝る時にはならない感じです」

「立った時に楽な感じで立てて、背が伸びたような感じです」


私から見ても、楽に立てて、生気が出てきて、何か落ち着いた感じを受けました。

まだまだ気付いていな所が調整されている可能性は大きいですね。



人の生命力、治癒力、自己調整力をは素晴らしいです。


ワンダンスは、それを引き出すためのものでもあるのです。








posted by 髙橋誠 at 18:56| Comment(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。